不妊の理由と解決するための方法や知識とは何か

コンプレックスにもなる不妊の悩みを解消しよう

排卵と不妊の関係性と

排卵誘発剤を使う理由とその効果

産婦人科での不妊治療は、昔と比べて医療の技術も上がり成功率が高くなりました。今ではそれを行う専門病院も増えて、不妊に悩む夫婦が治療を受けています。 そんな産婦人科では特に不妊原因がはっきりとしない女性には、初期段階として排卵誘発剤を使ったタイミング法が行われます。これは排卵日前に排卵誘発剤を含む注射や薬の服用をしていくことで、排卵を促していく行為です。そして予測された排卵日の前後に性行為を行っていくことで、妊娠の確率が上がるという不妊治療になります。 女性は高齢になるにつれて、排卵しにくくなってきます。それを手助けしてくれるのがこの排卵誘発剤であり、妊娠の可能性を大きくしてくれるのです。この不妊治療は数か月続けられ、その間に妊娠しなければ次のステップへと進む流れです。不妊治療を受けている間は、効果を上げるためにも体調を整えておくことが大切です。

高齢の女性には欠かせない不妊治療

不妊治療を行う多くの産婦人科では、この排卵誘発剤を取り扱っています。この排卵誘発剤には種類があり、女性ホルモンや化学的に作られたクロミッドなどが主に使われています。これらを摂取することによって、排卵機能を持つ卵巣が刺激を受けて排卵が促されるという仕組みです。しかし、人によっては副作用が見られることがあるので、産婦人科では極力副作用の少ない排卵誘発剤を使うようにしています。 この不妊治療は、女性がまだ若ければ排卵誘発剤を使わずに自然なタイミング法のみで行う産婦人科もあります。そして女性が高齢である場合は、排卵誘発剤を取り入れた治療が勧められているのです。これは女性は、30歳を過ぎてから卵巣機能が徐々に衰えていく傾向にあります。そのため、妊娠を望んでいるのならば一刻も早い不妊治療が必要となるので、この排卵誘発剤が使われているのです。 産婦人科でこの不妊治療を受ける場合は、充分な説明と治療期間の過ごし方などをしっかりと聞いておきましょう。

排卵誘発剤の使用

排卵をちゃんとさせるためには、排卵誘発剤を使用する方法があります。ですが、これが投薬なのか、注射をするのか疑問に思われる方は少なからずいます。病院へ診察をする前に、どのように誘発剤を使用するのかを把握しておく必要があります。

Read More

受診する前に

産婦人科は女性の身体や妊娠などを専門とした病院です。そのため、普通の病院とは違った受診内容、質問などがあります。スムーズに受診をするために必要なことを覚えておきましょう。

Read More

不妊の理由は男性にも

男性の無精子症も不妊の原因です。不妊の原因は女性だけのものではなく、男性にもあるのです。この無精子症にも、生理不順の治療と同じように、無精子症の治療方法があります。

Read More

排卵日検査薬の必要性

一般的に排卵日は生理2週間後と言われていますが、生理不順の場合は、排卵がうまくいっていないことが理由なので、違ってきます。そこで、ちゃんと排卵しているかどうかの確認が必要です。

Read More

葉酸の摂取の必要性

よく、妊娠したら葉酸が必要になると聞きますが、妊婦以外で知っている人は殆どいません。まずは葉酸がどういうものなのか、どのように摂取するのかなどを知る必要があります。

Read More